鳩は駆除するのではなく対策を施す必要がある│鳩対策を依頼する

男女

駆除方法を知る

お家

シロアリの侵入ルートは家の下や玄関などです。地中から侵入するパターンは、侵入に気づきにくいので注意しましょう。もしシロアリが侵入して巣を作っていたら、駆除業者に依頼して退治してもらうのがベストです。

読んでみよう

侵入を防ぐ

散布機

ねずみ駆除を行わずに済むようにするためには、ネズミの侵入を未然に防ぐことが大事なポイントとなってきます。侵入してきた際はねずみ駆除業者に相談すると良いでしょう。

読んでみよう

粘着式のトラップ

レディ

ネズミ駆除を行う際は、駆除用の商品を購入してくることから始めましょう。粘着式のトラップなどは非常に使い勝手が良いのでおすすめです。ねずみが多過ぎる場合は業者の力を借りると良いでしょう。

読んでみよう

駆除するのが難しい

鳥類

ハトは鳥獣保護法という法律によって身の安全が守られています。ハトを駆除する場合は申請し許可を貰わなければ、駆除を行うことができません。もし許可を貰わないでハトを傷つけでもすれば、問題となるので間違っても危害を加えないようにしましょう。しかしハトは放ったらかしにすると厄介な存在です。糞などの被害に合っていてどうにかしたいと考える人も少なくはありません。ハトの糞による被害は、場所によっては深刻なものとなるでしょう。でも鳥獣保護法があるから、簡単に駆除依頼などを出すことはできなくてもどかしい思いをします。ハトの糞による被害でもし悩んでいるのであれば、駆除ではなく鳩対策をしましょう。鳩対策であれば、対象を傷つけることなく効果的に撃退することができます。
それに鳩対策をしてくれる業者も多く存在するので、本当に困っているのであれば鳩対策をしてくれる業者に依頼すると良いでしょう。ハトの生態を知り尽くしたプロ達が、場所に合った適切な対策をとってくれます。対策を取ることによって、ハトが近づきにくい環境を作ることができるので、糞による被害も激減することでしょう。インターネットを使うことにより対策を行ってくれる業者を簡単に見つけることが可能です。もし今すぐ問題を解決したくてしょうがないという現状にあるならば、すぐに業者に電話で相談をすることをおすすめします。最近ハトの問題で悩み始めて、まだ余裕がある人は個人で対策を行ってみるのも良い選択といえるでしょう。